お気軽にご相談ください
052-228-6437
受付:9:00-18:00(定休:土日祝)

店舗運営コラム

HOME > 店舗運営コラム

私が定年を迎えるころに年金はあるのか

2019年06月07日

 

 

「年金だけで老後の生活は賄えません」と政府が発表しました。

 

みなさんはどう思いましたか?

 

「ふざけるな!」、「わかりきっていること、今更かよ。」、「大丈夫、あてにしていないから」などなどそれぞれですかね。

 

さらに老後を暮らしていくためには2,000万円の貯蓄が必要で、今後の経済情勢によってはもっと増えるとまで発表しておりました。

 

日本人は偉いですね。他の諸外国なら暴動が起きてますよ。

 

 

私は経営者だけでなく、そこで働く若い子たちと話をすることがありますが、大抵の若い子は年金なんてもらえるとは思っておりません。

 

将来を夢見る若い世代が日本に対して悲観的になるのは何とも寂しいものです。ただ、だからこそ自分で何とかしなければいけないと思っている若い世代は私の感覚では多くなってきているように思います。

 

 

これから給料が増えず、日々の暮らしで精いっぱいの人たちがリスクを冒して政府が勧めるように投資の世界に足を踏み入れることができますか?まるで政府が金融機関のセールスをしているようだ。とあるジャーナリストが仰っておりました。

その通りです。

 

 

常々思いますが、日本の方は何かというとこれをしていれば安心だと一つの手法だけで安心だと思いがちです。

公務員になったから、大企業に勤めたから、厚生年金や共済年金があるから、資産が1億円あるから・・・・・などなど

 

70歳近いおばあちゃんが若いうちから一生懸命働いて貯めたお金が1億円。普通ならそれだけの貯金があれば十分暮らしていけると思われるかもしれませんが、その方は不安で仕方がないと仰っておりました。

もしその1億円がだまし取られたり、盗まれたりしたら何も残らないと。

 

その方とは真逆に60歳になり、貯金ゼロの事業家はあまり不安には思っていませんでした。というのも稼ぐ術をいくつか持っていらっしゃるから、どうにか食べていけるぐらいは稼げると思っておりましたので、貯金がなくとも何も不安に感じることはありませんでした。

 

 

この違いをどう思われますか?

私も後者の方の商魂は凄いなと思いましたが、老後にいくら持っているかではなく、いくら稼げる術を持っているかが重要だと思います。

 

よく投資においてリスク分散だと言われますが、それは人生においても同じことだと思います。大企業や公務員で勤める、株式投資・投資信託で稼ぐ、利回りのいい保険に入る、副業を始める・事業を起こす、不労所得を得る、海外の資産を購入するなどなど。もちろん年金も大事な術の一つです。

 

 

私の知り合いで早めにリタイアし、日本に籍を置きながら月の半分以上を海外で過ごし、家族との余暇を楽しんでいる方がおりますが、その方もいくつもの稼ぐ術を持っております。一つの事業で大成功したわけではなく、様々な事業や投資を行って作り上げてきたものです。

 

特別な人がなれるのではなく、普通の方でもなれると思います。

ただ、リスクを恐れず一歩を踏み出せるか否かだと思います。

 

「チャンスは目の前にいくらでもある。そのチャンスを手を伸ばして掴むかどうかはその人次第」

 

みなさんも一歩踏み出してみてはいかがですか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

対応エリア

名古屋市、春日井市、瀬戸市、長久手市、豊田市、岡崎市、東海市、愛西市、弥富市、一 宮市、江南市、小牧市、知立市、大府市、刈谷市、安城市、常滑市、大府市、半田市、西尾市、蒲郡市、その他愛知県下、岐阜、三重